総合職 融資 篠原 真哉の一日総合職 融資 篠原 真哉の一日

入行3年目(取材時)。融資渉外課に所属し、融資業務全般を担当しています。

8:40出勤・ミーティング

出勤し、一日の行動予定を再確認。予定していなかった、急なお客さまの来店などもあるため、何が起こっても大丈夫なように早め早めの行動を心がけて予定を立てています。

10:00報告書作成

融資業務には様々な書類があり、特に期限のあるものが多く、しっかりと漏れなく準備を進めていくことが重要です。決められた期限よりも、少し前倒しで提出できるよう効率よく作成していきます。

12:00昼食

先輩とランチに行ったり、ときには皆で取引先にお弁当を頼んで休憩室で食べることもあります。しっかり食べて午後の業務に備えます。

13:00窓口での融資相談

窓口に来店されたお客さまから融資相談を受けます。用件を丁寧にヒアリングし、それに適した商品の提案を行います。一人一人のニーズにあったご提案ができるよう、日々勉強中です。

15:00締め作業

本日中に行わなければいけない事務処理の漏れがないか確認を行い、締め作業を行います。書類の金額や枚数に相違が無いかなど、素早く丁寧に確認します。

18:00資料作成・帰宅

1日の締め作業が終り次第、新たな融資提案等の資料作成に移ります。効率的に仕事を進めて早く終え、次の仕事に取り掛かるよう意識しています。このことは帰宅時間を早めることにもつながります。
※緊急の案件への対応、お客様訪問などの際や納得のいくまで資料を作り込みたい時は上司と相談し残業をすることもある。

ページトップへ