「ありがとう」の言葉を原動力に少しずつ、着実にスキルアップを重ねていく 一般職 融資事務 佐藤 美弥「ありがとう」の言葉を原動力に少しずつ、着実にスキルアップを重ねていく 一般職 融資事務 佐藤 美弥

入社2年目(取材時)。融資手続きに関わる事務全般や、営業サポートなどを行う。窓口での接客や電話応対をすることも多く、いつも明るい笑顔でお客さまをお迎えすることをモットーとしている。

現在の仕事のやりがいを教えてください

入行して2年目になりますが、毎日知らないことに遭遇し、その都度新しい知識を習得しながら業務を進めています。日々成長し、少しずつスキルが上がっていくのを感じることが今一番のやりがいですね。

また、自分の仕事がお客さまや同僚のお役に立てたことを実感するのは、「ありがとう」の一言をいただけた時です。シンプルな言葉ですが、自分のちょっとした行動が相手の助けになった、お力になれたのだと実感できます。それが仕事の原動力にもなりますし、"言葉の力"をいつも大事にしています。

自分の仕事上でのこだわりは何ですか?

「何事も相手のことを考えて行動する」ことが、私のこだわりです。お客さまはもちろんのこと、サポートに当たる同僚や先輩行員の方が、自分に何を望んでいるかをいつも考えながら業務に取り組むようにしています。

入行して間もない頃は、融資手続きに必要な書類を揃え忘れたり、そもそも何が足りないのかも分からなかったりといった失敗を繰り返しながら、少しずつ仕事を覚えました。今では言われる前に先回りして、お取引先から頂いてくる書類の準備までできるようになり、同僚から感心されることもあります。

また、本店で毎日お客さまをお迎えするに当たって、明るい笑顔を絶やさないよう努めています。ミスをして落ち込んでしまう時は、給湯室で深呼吸して気持ちを切り替えたり、意識して顔を上に向けるようにしています。下を向いていると、自然と気持ちも下がってしまうものですから。笑顔の訓練も、大事な仕事の一つですね。

アフターファイブの過ごし方を教えてください

同僚や先輩たちと食事に出かけることが多いですが、一人で映画を観に行ったり、ときには近くの劇場で舞台を楽しむこともあります。終業時間は17時10分と早めなので、きっちり仕事を終えることができれば、夜の時間を有効に使うことができますね。

ちなみにこれは就業中の話ですが、ランチタイムは他部署の方と情報交換する絶好のひとときです。現在所属している部署は窓口業務があり、交替でお昼休憩をいただくので、必然的に違う部署の方とご一緒することもしばしば。ランチタイムに限らず他部署の方とコミュニケーションを取ることで、自分の業務との比較ができたり、共感を覚えたりして、実り多い時間を過ごせています。

就職活動を頑張る学生へ一言

就職活動中は、企業の人事担当者や面接官、就職セミナーの講師など多くの方と関わることになると思います。それまでに接してきた同年代の学生とは異なる、世代も立場も越えた方々とお話するという経験はとても貴重です。私の活動中も、一つの会社でも若手社員の方、中堅の人事担当の方、ベテラン社員の方、それぞれのご意見を伺うことで、全く違った側面が見えてくることがよくありました。

活動中は大変なこともあるかと思いますが、さまざまな方向から、一つの組織を見ることができる機会はなかなかありません。そのチャンスを大切に、自らアプローチする姿勢を忘れないでほしいと思います。

ページトップへ